車中泊では後席から前席をスライドさせたい

車中泊では車中泊ポイントに到着した後は、車の後部で時間を過ごすことが多いと思います。

そのため車を停めたときに、前席は最も前までスライドさせて、車後部へ移るようにしています。

 

でもスライドさせるのを忘れて後席へ移ってしまって、後席から身を乗り出して、座席下の操作バーを引き上げて、前席をスライドさせようとするのですが、力が入らず、なかなか前席をスライドさせられないことがよくあります。

また後席で過ごしているときに、前席のダッシュボードに必要なものを入れたままにしていたのを思い出し、これまた後席から身を乗り出して取ろうとするのですが、スライドさせた前席が邪魔でうまく取れず、イライラすることも時々あります。

 

そこで後席にいるときでも前席を簡単にスライドさせる方法を考えてみました。

 

座席をスライドさせるには、座席の下に取り付けられている操作バーを引き上げたまま、前後に動かす必要があります。従って後席からでも操作バーさえ引き上げられれば、前席を前後させるのは簡単です。

そこで、万能ベルトを購入して後席からでも操作バーを引き上げられるようにしました。

まず座席下の操作バーに万能ベルトを通します。

そして、座面と背面の間にある隙間に万能ベルト通します。

そして下から手探りで万能ベルトを探り、後席のほうへ引っ張り出したのが下の写真です。

これをぐっと引っ張ると前席の操作バーが引き上げられ、後席からでも自由に前席を前後させることが可能になりました。

ベルトが座面に食い込むため、多少力が必要ですが、慣れれば簡単に前席を前後させることが可能です。

 

また運転するときは、万能ベルトをシートの横側に通しておけば、邪魔になることもありません。

 

こんな簡単なことなのですが、前席をスライドさせるのが、今までよりもずっと楽になりました。

 

万能ベルトはダイソーで購入しましたが、アマゾンや楽天でも入手可能です。

同じように後席から前席をスライドさせたいと思っている人はぜひ試してみてください。

DIY
スポンサーリンク



旅人をフォローする
そうだ、車中泊で旅に出よう

コメント