車中泊ばかりではない

夫婦が旅行するときは、車中泊することが多いです。でも車中泊以外はしないかというと、そんなことはありません。何泊かに一度は、旅館やホテルに宿泊するようにしています。

夫婦はこれまで、2週間程度の長期の休みを取って東北、北海道、九州などを車中泊旅行してきました。旅行期間中ずっと車中泊だとさすがに段々体に疲れがたまってくるのですが、途中で旅館やホテルでの宿泊を混ぜると、ちょうど良いように思います。

でも旅館やホテルはどこでも良いわけではなく、次のようなことに気を付けて、宿泊する旅館やホテルを決めるようにしています。

駐車場は地下あるいは建物の中か

車中泊旅行では、犬も夫婦と一緒に旅行しています。そのため、ペットと一緒に泊まれる旅館やホテルの予約が取れればよいのですが、なかなかうまく行きません。そこで犬には車内で一泊過ごしてもらうことになるのですが、駐車場の立地には気を付ける必要があります。夜間は大丈夫ですが、直射日光が当たるところだと日が昇ると車内の温度が急上昇することがありますので、そのようなことがないように、駐車場は地下か建物内にある旅館やホテルを選ぶようにしています。事前にインターネットで調べたり、宿泊先に確認したりしています。

良い車中泊ポイントが見つからない日を選ぶ

車中泊旅行でも毎日お風呂に入りたいので、温泉施設が併設された道の駅などを車中泊ポイントとして選ぶようにしています。でも場所によっては、近くに良い車中泊ポイントが見つからない地域もあるものです。そのような場所に立ち寄る際に、旅館やホテルで宿泊するとよいと思います。

野菜をしっかりとる

車中泊旅行を続けていると段々食事が偏ってきます。海鮮や肉などご当地ものの食事はおいしく、ついつい食べ過ぎてしまうことも多いのですが、普段の食事と比べると、どうしても野菜をとる量が少なくなってしまいがちです。そんな時は旅館やホテルで提供される朝食で、意識的に多くの野菜をとるようにしています。便利なのはバイキング形式の朝食を提供している旅館やホテルなので、このような旅館やホテルを選ぶようにしています。

 

車中泊を基本にしつつも、旅館やホテルでの宿泊も織り交ぜて旅行すると、旅の快適度はぐっと上がるように思います。

雑記
スポンサーリンク



旅人をフォローする
そうだ、車中泊で旅に出よう

コメント