車中泊旅行での長期規制道路

先日、国道158号線を使って高山まで行った時のことです。

国道158号線は、上高地へ向かうためのバス乗り場のある沢渡を通る有名な道です。

上高地へ行ったであろう観光バスなどとすれ違いながら、進んでいくと、道路案内板には「この先旧国道は冬季規制中」との案内が見えてきました。

そうなのです。沢渡を過ぎて少し行った先にある安房峠は毎年11月上旬から4月上旬までの冬季は閉鎖されてしまうので、通行できないのでした。

あまり気にしていなかったのですが、もしここから迂回して高山に出るとすると、とんでもない長距離の移動を強いられてしまいます。

最初から分かっていれば、国道158号線は選択せず、富山経由で行くことも考えたのですが、ここまで来て引き返すことは、ありえません。

幸い安房峠には旧国道の他に有料のトンネルも通っており、このトンネルを使って、無事高山方面に抜けることが出来たのでした。

いつものように特に急ぐ旅でもなかったので、下道でのんびり移動するつもりでしたが、有料道路以外の選択はありませんでした。

たぶんトンネルが並走しているから、冬季は危険な峠道は閉鎖されているのだと思いますが、もし完全に道路が遮断されていたらと思うと、冬の間は事前に経路を確認しておくことが必要なように思います。

 

また翌日、高山から大野経由で福井まで出る予定だったので、カーナビにルートを設定した時のことです。ナビが規制区間を迂回するかどうか聞いてきたので、もちろん迂回するを選択して、走り始めました。

しばらく国道158号線を走っていると国道156号線と合流するのですが、ナビは国道156号線を北上するように案内しています。

国道156号線を南下するイメージだったので、車を脇に寄せて、ルートの確認をしたところ、白川村経由で小松へ抜けるルートをナビは案内していました。

調べてみると国道156号線も油坂峠が冬季規制中で通行できないようなのですが、並走している油坂峠道路の無料区間を通って大野方面へ出られることが分かったので、ナビの案内とは違うルートを選択して、無事福井まで出ることが出来たのでした。

なぜナビが油坂峠道路の無料区間を案内しなかったのか不明ですが、ナビの案内通りにルートを選んでいたら、かなり時間をロスするところでした。ナビの地図情報が古かったのかもしれません。

 

2日続けて長期規制道路にあたったのですが、改めて出発前にしっかりルートを確認しておくことが必要だと思いました。あるいは、google mapなら最新の情報をもとに案内してくれるので、google mapが推奨するルートも確認して、ナビと同じルートを推奨するか確認するのも有用と思います。

 

冬の道路は危険が一杯です。事故をしないように安全運転を心がけて、車中泊旅行を楽しみたいと思います。

雑記
スポンサーリンク



旅人をフォローする
そうだ、車中泊で旅に出よう

コメント