車中泊で名古屋に行ってきました(一日目)

大型連休の前半に車中泊で名古屋に行ってきました。

名古屋は何度か訪れているのですが、熱田神宮と名古屋城にはいったことがなかったので、今回は熱田神宮と名古屋城をゆっくり観光することにしました。

 

行きは高山経由で名古屋方面に向かいます。

GW初日ということで、上高地へ向かう観光客で国道158号線が渋滞しないか心配だったのですが、9時台に沢渡を抜けたときは、まだ渋滞はしていませんでした。

ただ直前にある「道の駅 風穴の里」の駐車場は、乗用車や観光バスで一杯になっていましたので、もう少し沢渡を通過するのが遅れたら、渋滞に巻き込まれていたかもしれません。

高山に着いたのが11時くらいだったのですが、少し早めの昼食にしました。

以前高山に来たときは、朴葉焼きを食べたのですが、今回は高山ラーメンを食べることにしました。

どこのお店に行くか迷ったのですが、せっかくなので食べログの高山市ラーメンランキングで1位にランキングされている「麺屋しらかわ」さんに行くことにしました。

開店直後にお店に伺ったのですが、さすがに人気店、すでに15人くらいの行列ができていました。

最後尾に並び、待つこと20分くらいで無事お店の中に入れていただきました。

高山ラーメンは鶏がらベースのあっさり醤油のスープで、極細のちぢれ麺を使ったラーメンです。

飲んだ後に締めの一杯で食べると最高でしょうね。

「並」をいただいたのですが、お昼に食べるなら「大」でちょうどよかったかも。

大変おいしくいただきました。

 

食後、高山の町を少しブラブラ歩きました。

三町伝統的建造物群保存地区も散策したのですが、すばらしい街並み、いろいろなお店をのぞくだけでも楽しかったです。

 

ひとしきり高山市街地を散策した後、国道41号線を南下し、名古屋を目指します。

温泉で有名な下呂も通過するので、温泉に入るか迷ったのですが、今回はパスしてひたすら名古屋を目指して南下します。

そして行ったことのない犬山城に立ち寄ることにしました。

犬山城は織田信長の叔父・織田信康が改修して築いた城であり、豊臣政権の時に石川貞清(光吉)が改修し現在のような形となったということです。

大坂城や名古屋城のように戦後、鉄筋コンクリートで外見だけ再現された天守とは異なり、当時の姿を見ることのできる貴重なお城です。

木造ということもあり、天守の上層階でたくさんの人が歩くと、ミシミシと床がきしむ音が聞こえ、別の意味でちょっと怖い思いもできるお城です。

天守自体は4階建てなのですが、犬山城が小高い丘の上に立っていることから、望楼から見る眺めが最高でした。

大型連休中ということもあり、城内はたくさんの人であふれかえっていました。

 

その後、本日の車中泊予定地である「道の駅瀬戸しなの」に向かうのですが、「道の駅瀬戸しなの」には温泉施設はありませんので、お風呂に立ち寄ってから向かいます。

今回は、「道の駅瀬戸しなの」に近い「天然温泉ことぶきの湯」を選びました。

本当は岐阜県土岐市にある「土岐 よりみち温泉」に立ち寄る予定だったのですが、アウトレットモール帰りの方で混雑するかもしれないということで、急遽「天然温泉ことぶきの湯」に変更していくことにしました。

「天然温泉ことぶきの湯」は住宅街にあるそれほど大きくない温泉施設です。温泉は三重県亀山からの運び湯ということですが、それほど混雑もなく、ゆっくりお風呂に入ることができました。

その後、15分ほど車を走らせて本日の車中泊予定地である「道の駅瀬戸しなの」へ到着です。

「道の駅瀬戸しなの」の横には「品野陶磁器センター」が隣接しており、google mapで見る限り駐車場は一体になっているように見えていたのですが、夜間は「品野陶磁器センター」の駐車場は閉鎖されているようでした。

21時過ぎに到着したのですが、車中泊されるであろう車が我々夫婦以外にもたくさんいらっしゃいました。

また隣接するデイリーヤマザキも24時間営業されているので、買い物などにも便利な道の駅でした。

 

翌日は早朝から出発して、熱田神宮と名古屋城をめぐる予定なので、この日は早めに休むことにしました。(続く)

 

二日目の記事は、こちらからどうぞ。

車中泊で名古屋に行ってきました(二日目)
前日までに「道の駅瀬戸しなの」に移動し、車中泊しました。 (一日目の記事は、こちらからどうぞ。) 朝5:30ごろに目を覚まし、トイレのために車外に出て驚いたのですが、車中泊している車が駐車場のいたるところにいらっ...
旅の記録
スポンサーリンク



旅人をフォローする
そうだ、車中泊で旅に出よう

コメント