大阪まで車中泊で行ってきました

土日に1日休みをくっつけて、大阪まで車中泊で行ってきました。今回は所用で大阪まで行く必要があったのですが、奥さんは翌週に社員旅行で海外へ行くことが決まっていたため、ひとり車中泊旅行となりました。

 

【後日追記】

このときは大阪では車中泊しなかったのですが、次に大阪に行ったときに道の駅「しらとりの郷・羽曳野」で車中泊しました。

大阪で車中泊できる数少ない車中泊ポイントである道の駅「しらとりの郷・羽曳野」で車中泊するときの注意点などは、こちらの記事を見てください。

【大阪府】おすすめ車中泊ポイント 道の駅「しらとりの郷・羽曳野」
定期的に東京や大阪で用事があり、行くことになるのですが、せっかくなので時間のある時は観光するようにしています。 そんな時は車中泊することが多いのですが、東京や大阪の中心地に近いところには道の駅などもないため、いつも車中泊する場所で悩ん...

 

夫婦で車中泊旅行をする時は、目的地を決めてそこまで高速道路を使うことが多いのですが、今回のひとり車中泊旅行は、急ぐ旅でもなかったので、高速道路を使わずに大阪まで行くことにしました。

 

夫婦で車中泊旅行する時は、途中で色々観光したりするのですが、今回はひとり旅だったので、コンビニでのトイレ休憩などを除き、ひたすら目的地を目指して走り続けました。

夜の10時ぐらいになって、疲れてきたので、「道の駅きりら坂下」で車中泊をすることにしました。

夫婦二人で車中泊旅行する時は、お風呂のある道の駅を探すか、近くに日帰り温泉のある道の駅を探すのですが、今回は出発前にお風呂に入ってきたこともあり、 お風呂のことを考える必要はありませんでした。

 

「道の駅きりら坂下」は国道19号線を少し外れたところにある道の駅で、静かな道の駅でした。スーパーが併設されているということで、ちょっと心配だったのですが、出発時間の朝は7時ぐらいまでは、駐車場が騒がしくなるなどはなく、ゆっくり休むことができました。

※写真はひとり車中泊の場合の寝床です。

 

2日目は名古屋を通過して、亀岡より名阪国道で天理まで抜ける予定でした。名古屋市内で渋滞に巻き込まれるのが嫌だったので、混む前に名古屋市内を抜けたいと思っていたのですが、日曜日の朝の時間帯だったので、特に渋滞に巻き込まれることなく、名古屋市内を通過することができました。そして国道1号線で亀山まで行き、そこから名阪国道を使って、天理まで行きました。名阪国道は、一般道のため、無料で通行できるのですが、信号はなく、そこそこのスピードで車が流れているため、快適に走ることができる道でした。その後、天理より国道25号線で大阪市内に入りました。

そして3時間程度で用事を済まし、とんぼ返りで自宅に向けて出発しました。当初は用事を済ました後、大阪の街をぶらぶらするつもりだったのですが 、特に行きたいところも思いつかなかったので、自宅に向けて、ゆっくり帰るつもりで大阪を出発しました。

 

往路は太平洋側を走ったので、復路は日本海側を通って帰ることにします。

大阪から国道1号線で京都まで行ったのですが、日曜日の夕方ということもあり、道は混んでいました。そして渋滞を抜け、山科から湖西道路を使い、敦賀まで行きました。途中京都へ向かう反対車線は渋滞していましたが、私が走っている北向きの車線は渋滞することもありませんでした。敦賀を過ぎて、そろそろ疲れてきたので、車中泊するための道の駅を探したところ、 道の駅河野が近くだったので、そこへ向かいました。道の駅河野はこじんまりとした道の駅だったのですが、なぜかこの日は駐車場がほぼ満車でした。 混んでいる道の駅で車中泊をするのも申し訳ないので、次の道の駅を探すことにしました。

翌日には帰らなければいけなかったので、できるだけ距離を稼いでおくことにし、「道の駅こまつ木場潟」まで行くことにしました。

「道の駅こまつ木場潟」に到着したのは夜の11時を過ぎていましたが、 駐車場には車がたくさんあり、皆さん車中泊をしているようでしたので、私もその中に混じり、車中泊をすることにしました。さすがに今日は、たくさん走り疲れていたので、すぐに眠りに入ることができ、その後朝まで、ぐっすり眠ることができました。

3日目ですが、今日中に帰る必要があります。途中金沢か富山に寄って、美味しいお寿司を食べようかと思いましたが、結局寄り道はせず、自宅まで帰ってきました。

これまで長い距離を移動するときは、高速道路を使っていました。今回初めて一般道で大阪まで往復してみて思ったことは、特に急がないのであれば、一般道で長い距離を移動するのも、面白いということでした。

当たり前のことなのですが、一般道で移動すると、今住んでいるところと目的地が道でつながっていることを実感できますし、初めての道を街並みを見ながら、移動するのも面白いものです。

また心配だった燃費も高速道路で移動するのとあまり変わらなかったように思いますので、費用的にはかなり安く大阪まで行くことができたことになります。

今度夫婦で時間の余裕がある時に車中泊旅行する時は、何でも高速道路を使うのではなく、一般道も使って、のんびり車中泊旅行をしたいと思います。

 

 

奥さんからリクエストされたおみやげです。温めて食べるとたいへんおいしかったです。

旅の記録
スポンサーリンク



旅人をフォローする
そうだ、車中泊で旅に出よう

コメント