考えられる車中泊ポイント

車中泊はどこでもできるわけではないので、しっかり場所を選んで車中泊しています。車中泊ポイントとして考えられるのは、以下のような場所と思います。

  • 道の駅
  • 高速道路のサービスエリア、パーキングエリア
  • 情報ステーション
  • RVパーク
  • オートキャンプ場

道の駅

夫婦が一番利用することが多いのも道の駅です。温泉施設が併設されていたり、24時間利用可能なトイレがあったり、同様に車中泊されている利用者がいて防犯面も安心できたりで、やっぱり車中泊には道の駅は便利です。おまけに利用料は一切かかりません。

しかしながら基本的に道の駅はドライバーの休憩施設であるため、仮眠は認められていますが、宿泊が公式に認められているわけではありません。したがって他の利用者が利用できなくなるような込み合っている道の駅では、車中泊しないようにしたり、他の利用者に迷惑を掛けないようにすることが必要です。また場所によっては、看板等で明確に車中泊が禁止されている道の駅もありますので、このような場所では車中泊はしないようにしています。

高速道路のサービスエリア、パーキングエリア

道の駅に続き利用することが多いのが高速道路のサービスエリア、パーキングエリアです。場所によっては、温泉施設が併設されているサービスエリアもあるので、お風呂の心配もありません。

難点は、深夜に移動されるドライバーが意外と多く、場所によっては車の出入りが激しく、何度も目が覚めてしまうことです。高速道路のサービスエリア、パーキングエリアで車中泊するときは、車を停車する場所をよく考えるようにしています。

情報ステーション

情報ステーションとは、国道などの道路情報を提供している案内板の設置されたドライバーの休憩施設で、24時間利用可能なトイレがあります。ややマイナーなためか、普通車の利用は少ないように思います。車中泊するときは、トラックから離れたスペースに車を止めるようにしています。

RVパーク

夫婦は使ったことがありませんが、公式に車中泊が認められた駐車場としてRVパークがあります。多くのRVパークでは、電源が利用可能であったり、ごみ処理が可能だったりするので、外部電源が利用可能なキャンピングカーなどにはうってつけの車中泊ポイントではないででしょうか。利用料は場所によって異なりますが、1,000円くらいから利用できるところもあるようです。

何より公式に車中泊が認められているので、安心感が違うと思います。

オートキャンプ場

北海道を車中泊旅行しているときに、夫婦は一度利用させてもらいました。キャンプサイトまで車で侵入して、車の横にテントを張ったり、BBQしたりで皆さん楽しまれていました。基本的に皆さんテントを張って、そちらで休まれており、車中泊しているのは我々夫婦くらいでした。オートキャンプ場は、大自然の中でキャンプすることを目的にした施設だと思いますので、テントも張らず、普通車で車中泊していた夫婦は、若干周りから浮いた存在だったように思います。

 

RVパークは利用料も安く設定されているように思いますので、安心感を得るためにぜひ使ってみたいと思いますが、利用台数の設定が数台程度と少なく、予約をいれていないと連休などの混雑時は使えないこともあるかもしれません。もっと利用台数が多くなれば、利用しやすくなってよいのですが、当面は予約は必須のように思います。

 

 

 

雑記
スポンサーリンク



旅人をフォローする
そうだ、車中泊で旅に出よう

コメント