車中泊でポップアップルーフ

夫婦はSUVで車中泊旅行をしています。横になってしまえば、天井の高さが気になることはありませんが、着替えをしたり、車内で作業をしたりするときは、もう少し天井が高ければと思うこともあります。

車中泊旅行を快適に行うためには、少しでも車内のスペースを広くすることが必要となりますが、車を変形させることは難しいので、通常は決まったサイズの中で、工夫することになります。でもポップアップルーフなら、天井をポップアップすることによって、車内空間を手軽に広げることができるので、良さそうです。

雨漏りは大丈夫か

車体の屋根を切り取りますので、雨漏りの心配は避けて通れないように思います。もちろんビルダーさんでは、雨漏り対策をしっかりされていると思いますが、パッキンの経年劣化や車体のゆがみなどが原因となり、雨漏りする例もあるようです。雨漏りが心配なら購入後のメンテナンスが大事ということだと思います。

外の音が気にならないか

ポップアップした屋根の周囲はテント生地で囲んでいるだけなので、周囲の音が気になるように思います。でも就寝時など周囲の音が気になるときは、ルーフを下げてしまえば、通常の車中泊と同じだと思いますので、外の音はあまり気にしなくても良いかもしれません。

暑かったり寒かったりしないか

テント生地にチャックが付いていて、換気ができるタイプのものもあるようです。夏の暑い時期などは、効率よく換気ができて良いかもしれません。また冬はチャックをしっかり閉じておけば、風が入ったりすることもないようです。FFヒーターなどを使えば、天井をポップアップしていても、快適に過ごせそうです。

防犯上の心配はないか

通常の車は、鉄とガラスで覆われており、簡単には車内に侵入することはできません。天井をポップアップさせていると、テント生地の部分は鉄やガラスなどに比べると防犯上は良くないのかもしれません。ただし、ハイエースやキャラバンだとそもそも車高が高いので、通常だと手が届かないので、いたずらの心配はそれほどしなくても良さそうです。またその気になればガラス面を割って車内に侵入することもできるので、その意味ではポップアップルーフの車が特に危険ということもなさそうです。少なくとも車を離れるときは、天井は下げておくことで、問題ないように思います。

夫婦もいつかはキャンピングカーを購入するつもりですが、予算の余裕があれば、ポップアップルーフ車にしたいと思います。

旅クルマ
スポンサーリンク



旅人をフォローする
そうだ、車中泊で旅に出よう

コメント