飲酒運転で捕まる?車中泊するときの飲酒で注意すべきこと

これからの季節、一日を終えた後に飲むビールはたまらないですよね。

車中泊旅行では、ご当地物の魚介類や野菜、肉などを肴に、車の中でゆっくり過ごしながら飲む酒は最高です。

でも車中泊旅行で飲酒する際には、気を付けなければならないことがあります。

もし何も考えずに飲酒してしまうと、飲酒運転で捕まってしまうこともあり得ますので、注意が必要です。

飲酒運転とは

そもそも道路交通法65条第1項では「何人も、酒気を帯びて車両等を運転してはならない。」と飲酒運転を禁じています。

また道路交通法第2条1項17号において、運転とは、「道路において、車両又は路面電車(以下「車両等」と言う。)をその本来の用い方に従って用いる事をいう。」と定義されています。

 

なので飲酒運転かどうかは

  • 道路において
  • 車両等を本来の用い方に従って用いている

かどうかで判断することになります。

 

ここでいう「道路」とは、公道はもちろん、私道や一般の用に供している場所のことを指し、「道路」の形態をしていなくても一般の人たちが自由に通行できる場所は、道路交通法でいう「道路」に該当します。

従って道の駅や高速道路のパーキングエリアなどは、「道路」に該当しますので、道の駅で飲酒をして車を運転した場合は、飲酒運転となってしまいます。

 

また「本来の用い方に従って用いている」とは、車両等の運転席において、ハンドルやブレーキ等を操作することと考えらますので、車中泊中に飲酒をして、寒くなったので、エンジンをかけただけでは、「運転」には該当しないと考えられます。

 

従って道の駅などで車中泊している時に、飲酒して、エンジンをかけたとしても、それだけでは飲酒運転には該当しないことになりますが、ハンドルやブレーキを操作した時点で、飲酒運転になりますので、注意が必要です。

車を動かせないリスク

車中泊していて犯罪に巻き込まれることは、ゼロではありません。

実際に車中泊していて、襲われる事件も発生しています。

 

そのため、こちらの記事でも書きましたが、車中泊するときでも、すぐに車を動かして、逃げれるように準備はしておくべきと思います。

安心して車中泊するために気を付けるべきこと
車中泊旅行なら自由気ままな旅が可能です。 また浮いた宿泊代で、地元の食材を使った豪華な食事をすることもできますので、おすすめの旅行方法です。 でも車中泊したことがない人にとっては不安もあると思います。 そこで安心して車中泊...

 

でも飲酒してしまうと、正常に車を運転することができません。

 

また犯罪に巻き込まれないとしても、車を停めた場所が想定外に騒がしく、少し車を移動させたくなることは、よくあることです。

こんな時でも車を動かせなくなるので、車中泊で飲酒するときは、これらのリスクを十分に理解して行うべきと思います。

どちらかは飲酒を我慢する方法も

夫婦で車中泊旅行されている方なら、どちらかは飲酒しないというルールを設けるのも一つの方法と思います。

車中泊旅行中は何が起きるか分かりませんので、飲酒するときでも、どちらかがすぐに運転できるように、片方は飲酒しないようにする方法もあると思います。

職務質問で困ることがあるかも

パトカーがやってきて、職務質問されたときに、困ったことになることも考えられます。

もし警官に「ここまで酒気帯びで運転してきたのではないか」と言われたときに、反論するのが難しいように思います。

 

現行犯でなければ検挙はないと思いますが、職務質問が長引くことも考えられます。

このようなことを考えると、車中泊のときの飲酒は控えるべきかもしれません。

それでも飲むときは、ほどほどに

車中泊する際に、リスクを承知の上で、お酒を楽しむ程度に飲酒するのは、個人の自由だと思います。

でも泥酔して騒いだりして、近隣住民や他の利用者に迷惑をかけるようなことは、しないようにしましょう。

また翌日の運転に響かないように、お酒を楽しむにしても、ほどほどにしておくことが重要です。

雑記
スポンサーリンク



旅人をフォローする
そうだ、車中泊で旅に出よう

コメント