安心して車中泊するために気を付けるべきこと

車中泊旅行なら自由気ままな旅が可能です。

また浮いた宿泊代で、地元の食材を使った豪華な食事をすることもできますので、おすすめの旅行方法です。

でも車中泊したことがない人にとっては不安もあると思います。

そこで安心して車中泊を楽しむために気を付けるべきことをまとめたいと思います。

車中泊する場所を選ぶ

人気のない河川敷や海岸、空き地などで車中泊するのは止めましょう。

もし襲われても誰にも助けてもらえませんし、逆にはたから見ると、不審なので警察に通報されてしまったりする恐れがあります。

安心して車中泊するためには、公式に車中泊が認められているオートキャンプ場やRVパーク、車中泊の受け入れを明言している道の駅などを利用するとよいでしょう。

 

また一般的な道の駅では、車中泊は推奨されていませんが、利用する場合はマナーを守って、近隣住民や他の利用者の迷惑にならないように気を付ける必要があります。

シェード(目隠し)をする

車中泊する時は、周りからの車内を覗き込まれないようにシェード(目隠し)を使うようにしましょう。

車内にたくさんの荷物が置かれているのを外から見られると、窓を破られる恐れもあります。なので外から車内を覗かれないようにシェード(目隠し)を準備しておきましょう。

市販のものを使っても良いですし、お金を掛けたくなければ銀マットなどで簡単に作ることも可能です。

シェード(目隠し)は自作できるんです
昼間の移動を終えて、夜車内でゆっくりくつろぐ時に、外からの視線が気になると落ち着きませんよね。そんな時はカーテンを使って、外からの視線を遮るようにします。 ファンカーゴに乗っていた時は、デーラーのオプションで純正カーテンが販売されてい...

また外からの視線を遮ることによって、車内でリラックスすることも可能なので、おすすめです。

窓を閉めてドアもロックする

窓を開けて寝ていると外から手が入ってきて、中の荷物を持ち去られてしまうかもしれません。

窓は必ず閉めて寝るようにしましょう。

もし夏場の車中泊で換気のために窓を開ける場合でも、大きく開けるのは避けましょう。

また不意にドアを開けられたりしないようにするため、ドアも忘れずにロックするようにしましょう。

マナーを守る

暑さや寒さ対策のために車のエアコンを使う人がいますが、アイドリングを続けることはマナー違反なので、やめましょう。

近隣住民や他の利用者からクレームが入り余計なトラブルに巻き込まれる恐れもありますので、マナーを守って車中泊するようにしましょう。

お酒を飲んで夜中に騒いだりするのも、もってのほかです。

逃げる準備はしておく

もし緊急事態に巻き込まれたら、すぐに車を動かして逃げれるように準備はしておきましょう。

運転席には荷物は置かず、すぐに運転席に移れるようにしておくとよいでしょう。

また車の運転に備え、飲酒も控えたほうが良いです。

 

 

治安のいい日本ですが、過去には車中泊している人が襲われた事件もあります。

でも最低限の注意を払うことによって、犯罪に巻き込まれるリスクを下げることは可能です。

 

これからも最低限の注意を払いつつ、夫婦で車中泊旅行を楽しみたいと思います。

雑記
スポンサーリンク



旅人をフォローする
そうだ、車中泊で旅に出よう

コメント