車中泊旅行でフェリーを使うと移動が楽

夫婦はこれまでに2度、北海道で車中泊旅行をしています。

初めて北海道へ行った時は、東京から陸路を使ってひたすら北上し、約7時間かけて青森まで行きフェリーに乗りました。 長期間の休みが取れない場合などは、できるだけ早く目的地へ到着する方が良いので、陸路を使うことが多いです。

一方で比較的長い休みが取れる時は、目的地までの移動でフェリーを使い、同時に船旅を楽しんだりもします。2回目に北海道へ行った時は、新潟港から出港するフェリーに乗って、北海道に入ったのですが、この時は17時間くらいの船旅を楽しみました。

費用は掛かるのですが、この時は個室を利用したので、夫婦二人でゆったりとした時間を過ごしました。

船で 目的地まで移動することの一番のメリットは、 ゆっくり休みながら移動できるということだと思います。目的地までの移動は、単なる移動となってしまい運転を楽しむこともなく、つらい時間になりがちですが、自分で運転することなく、ゆっくり休みながら移動できるメリットは大きいように思います。

また普段船に乗ることはあまりない夫婦にとっては、船旅も新鮮で目的地までの移動の時間も楽しむことができるのも良いところだと思います。

ただ天候によっては海が荒れ、かなり船が揺れる場合もあります。せっかくの船旅も船酔いしては楽しめませんので、船酔いする人は事前に酔い止めの薬を飲んでおくようにしたほうが良いと思います。

またペットを連れて車中泊旅行をする人も、船の中では空調の整った部屋にペットを預けることもできますので安心です。 船が港を出た後は、 原則、車に戻ることはできませんので、 ペットを預けずに車内に放置することは避けた方が良いと思います。 冷凍車などのトラックからの排熱で、車両デッキは意外と暑くなりますので、ペットが熱中症にかかったりする恐れもあると思います。なので、ペットはちゃんとペットルームに預けることをお勧めします。

また船内での食事ですが、値段の割においしくなかったりします。乗船前に食料を調達しておき、それを船内で食べるようなスタイルでも良いかもしれません。せっかくの食事なので、おいしいものを食べたいですよね!

雑記
スポンサーリンク



旅人をフォローする
そうだ、車中泊で旅に出よう

コメント