車中泊ではスイベルシートが便利

先日こんなものを見つけました。

運転席と助手席を180度回転させることができるシートです。

 

海外のキャンピングカーでは、フロントシートを回転させて、リビングモードで使えるようにしてあるものもよく見かけますが、日本のキャンピングカーでは、あまり見かけません。

 

 

キャンピングカーでは、車を停車させた後、ゆっくりくつろいだり、食事をとったりするリビングダイニングスペースと、就寝するためのベッドスペースが必要です。

両方をうまく配置させるのがキャンピングカービルダーさんの腕の見せ所だと思いますが、フロントシートを回転させて、リビングダイニングスペースの一部に取り込むことによって、車内の有効スペースが一気に広がるように思います。

特にうちのように夫婦で車中泊する場合は、シートは2つあれば足りますので、そうだと思います。

 

従来だと、リビングダイニングスペースとベッドスペースの両方を配置しようと思うと、それなりのスペースが必要になりますので、どうしてハイエースのようなバンタイプの車がベースになります。

でもフロントシートを回転させて、リビングダイニングスペースのシートとして利用できれば、あとはベッドスペースの配置を中心に考えてやればよくなりますので、もっと小さな車でも快適な車中泊ができるかもしれません。

 

ホワイトハウスさんというキャンピング―ビルダーさんが開発された商品なのですが、強度検討書もつきますので、車検も問題なくとおせます。またハイエースの他、VOXYとステップワゴン、デリカD5用のものも発売されており、今後ラインナップを増やしていく予定だそうです。

 

自分で取り付けることができる人は、アマゾンや楽天することも可能ですし、取り付けができない人は、ホワイトハウスさんに車を持ち込むか、近所のキャンピングカービルダーさんに相談すれば、取り寄せて施工してもらえるかもしれません。

 

工賃を含めると運転席、助手席合わせて20万円くらいの費用が掛かるかもしれませんが、価格に十分見合うだけの価値はあるように思います。

 

夫婦も近い将来、普段使いもできるようなキャンピングカーを購入したいと考えていますが、このようなシートを発見したことによって、選択の幅が広がったように思います。

DIY
スポンサーリンク



旅人をフォローする
そうだ、車中泊で旅に出よう

コメント