車中泊するならテーブルがほしい

夫婦が車中泊するときは、車の後部全面にニトリのマットレスを敷いています。

ニトリのマットは車中泊でも使える
最近の寝床は、RAV4の後部の段差を解消するためにコンパネを載せ、その上に段ボールを敷いてからマットを使ってしました。 段ボールのクッション性も加わり、これはこれで快適だったのですが、一人用のマットは寝返りをうった時に、ずれる...
車中泊で使っているニトリのマットレス
今の夫婦の車中泊では、ニトリのソファになるマットレスを使っています。 ソファになるマットレス posted with カエレバ 楽天市場で調べる 写真の...

そのため、寝るときは広くて快適なのですが、食事をとるときも、マットレスの上でとることになってしまいます。

マットレスの上はふかふかしているので、危なくてペットボトルのお茶もふたを開けて置いておくことはできません。また食事をこぼしてしまうとマットレスを汚すことになるので、気を使って食事をしないといけないのも、不自由な気がします。

そこで夫婦が車中泊するときは、荷室にあるカーゴネットの上にコンパネで作った板を置き、テーブル代わりに使っています。たったこれだけなのですが、マットレスの上に飲み物や食べ物を直接置くよりも、ずっと快適に食事ができるようになりました。

ただカーゴネットの上は荷物置き場にもなっているので、広く使うことができません。また高さもテーブルとして使うにしては、ちょっと高めなので、まだまだ改善の余地がありそうです。

折りたたみ式のテーブルを持ち込む方法もありますが、狭い車内で荷物を増やしたくはありません。また運転席と助手席の後ろに引っかけて使うテーブルを設置する方法もありますが、マットレスの枕部分があるので、使うのが難しそうです。

色々考えてみたのですが、既製品ではうまくいかなさそうなので、DIYでなんとかするしかなさそうです。

今のところ、ノーアイデアなので、良いアイデアを思いついたら、改めてご紹介したいと思います。

快適な車中泊を追求していくと、奥が深くて大変なのですが、色々思いを巡らせるのも楽しいものですね。

DIY
スポンサーリンク



旅人をフォローする
そうだ、車中泊で旅に出よう

コメント