車中泊でもお風呂に入りたい

車中泊でもお風呂には入りたいですよね。夫婦も自宅では毎日お風呂に入りますので、旅行中でも同じように毎日お風呂に入りたいと思っています。

そこで夫婦は以下のようなところでお風呂に入るようにしています。

入浴施設併設の道の駅

夫婦が車中泊するときは、よく入浴施設が併設された道の駅を使います。

入浴施設が併設された道の駅の良いところは、車を車中泊ポイントに停車して、寝床をセッティングした後、ゆっくりお風呂に入れることです。

夏の暑い時期だと入浴後車中泊ポイントに移動して、寝床をセッティングしているとせっかく汗を流したのに、また汗をかいてしまうこともあります。逆に寒い時期だとお風呂に入ってせっかく体を温めたのに、寝床をセッティングしているうちに、湯冷めしてしまいます。

でも入浴施設が併設された道の駅ならこのような心配はありませんので、夫婦はよく医療させてもらっています。

温泉施設

温泉に入ることが目的で、その地に立ち寄ったりする場合もあります。最近は宿泊しなくてもお風呂に入れる日帰り温泉を営業されている温泉施設も多くなりました。なので夫婦も有名な温泉地などは必ず立ち寄るようにして、温泉を楽しんでします。

日中に温泉に入っていれば、夜に再度お風呂に入らずとも、気持ち悪さはありませんので、ゆっくり就寝することが可能です。

もし暑い時期で、その後に汗をかいてしまった場合などは、濡らしたタオルでさっと体を拭けば、気持ちよく眠ることができます。

自宅のお風呂

これは目的地での時間を丸一日確保するために前日から移動を開始し、途中で車中泊する場合に使う方法です。

仕事が終わった後に出発する場合は、車中泊ポイントに到着するのも遅くなりがちなので、道の駅の入浴施設の営業が終わっていたりします。そんなときでも出発前に自宅のお風呂に入っておけば、就寝時も気持ちよく眠ることができます。

銭湯

家風呂が当たり前になって、街中の銭湯はずいぶん減ったように思います。でも減ったとはいえ、車で少し走れば、すぐに銭湯にいくことができると思います。

グーグルマップを使えば、今いる場所のそばにある銭湯の検索も簡単にできますので、入浴施設が併設されていない道の駅に車中泊するときなどは、銭湯を利用しています。

スーパー銭湯

銭湯に比べて割高になりますが、ゆっくりお風呂を楽しむときは、スーパー銭湯を選ぶこともあります。営業時間も銭湯より長い場合が多く、夜遅くでもお風呂に入ることができるので便利です。休憩場所などが充実しているのもスーパー銭湯の特徴だと思いますので、時間のある時は、施設内でゆっくり過ごすのもよいと思います。

 

雑記
スポンサーリンク



旅人をフォローする
そうだ、車中泊で旅に出よう

コメント