車中泊するなら車内の照明にもこだわりたい

1日の移動を終えて、道の駅の駐車場でゆっくり体を休める時に、車内の照明をどうするか考えなくてはなりません。車のルームランプを使うことも考えられますが、長い時間使ってしまうと車のバッテリーが上がってしまうこともあるかもしれません。特に疲れている時は、ルームランプを付けたまま眠り込んでしまうことも考えられますので、ルームランプを使うのはちょっと心配です。

そこで乾電池式の照明を車の中に持ち込むことになります。

車中泊旅行を始めた最初の頃は、家にあった懐中電灯を使ったりしていましたが、懐中電灯は一箇所を照らすのは得意ですが、車内全体を明るくするのには向いていません。車内で本が読める程度の明るさが欲しいところです。

車中泊を始めた頃は、 LED照明はあまり出回っていなかったこともあり、選んだのは乾電池式の蛍光灯でした。この乾電池式の蛍光灯ですが明るさを十分です。

でも車内のどこに置くか考えなくてはなりません。狭い車内ですが、荷物がたくさんあるため、設置場所を考えないと光が当たらないところができてしまいます。また光が直接目に入ると眩しくて、不快に感じたりします。

理想は天井から照らすことなのですが、そのままでは天井に設置することはできません。

そこで車中泊の時には設置してある濡れたタオルを干すための物干し竿に、この乾電池式の蛍光灯をくくりつけて設置することにしました。天井から車内を照らすことによって、陰になる部分は少なくなりますし、光が直接目に入り、不快に感じることもなく、快適に車内で過ごすことができるようになりました。

その後も乾電池式の蛍光灯をずっと使っていますが、たくさんの乾電池を使うため、やや大きく重いのが難点なので、今度買い換える時は LED照明も良いかもしれません。でも車内全体を明るく照らすには、LED照明の中でも、電球に似せたタイプのものではなく、蛍光灯に似せたタイプの方が良いかもしれません。

車中泊で使える100均グッズ
先日100円ショップのダイソーへ行ったときに、こんなものを見つけました。 USB接続のLED電球型ライトです。 短時間であれば、車の車内灯を使えばよいのですが、長時間だとバッテリーへの負担が気になります。そこで、乾電池式...
車中泊グッズ
スポンサーリンク



旅人をフォローする
そうだ、車中泊で旅に出よう

コメント