夏に車中泊するなら網戸は必須か?

夏の車中泊旅行では、暑さ対策をしっかり行っておくことが必要です。 日中の移動が終わって、道の駅でゆっくり休もうと思っても暑くて眠ることができないようでは、翌日のスケジュールに影響しますので、できれば避けたいものです。

また車を駐車場に停めた後は、アイドリングをストップするのがマナーだと思いますので、暑いからといって車のエアコンを使うわけにはいきません。

一番良いのは夏の車中泊旅行は、北海道など涼しいところを選んで行くことだと思います。あるいは目的地が他でも、車中泊場所は標高の高いところにある道の駅を選んだりすることによって、かなりのケースで暑くて眠れないと言う事態は避けることができると思います。

ただ移動直後だと、エンジンが熱を持っていますので、外気より車の中の方が温度が高い場合もあるかと思います。この様な時は、窓を開けて換気をしたくなりますが、車内に虫が入るのが嫌で、窓を開けるのを躊躇することもあると思います。

そのような時は窓に網戸を付けるのが良さそうです。 ホームセンターで材料を買ってきて、車の窓に合うように網戸を自作したり、 市販されている車用の網戸を使ったりされている方も多いようです。

ただ今の旅クルマでは、銀マットを使った目隠しを使って外からの視線を遮断しているのですが、一部を網戸にすると、外からの視線が気になって、落ち着かなくなりそうです。また網戸だと簡単に破ることができますので、防犯上も心配です。なので夫婦の車中泊旅行では、網戸は起きている時間に換気のために窓を開けるときに使うなど、使用シーンは限定的かもしれません。

ハイエースなどでは、バックドアを少しだけ開けて換気ができるようなドアフックを自作する方法もあるようですが、虫の侵入を防止するために、大きな網戸付けたりして、手軽にというわけにはいかなさそうです。

キャンピングカーのビルダーさんによって綿密に設計されたキャンピングカーなら、換気扇によって強制的に車内の空気を入れ替えることもできそうですが、普段使いしている普通車だとこれも難しいように思います。

窓を少しだけ開けた状態で、車内の空気を強制的に換気できれば良いのですが、電源はポータブル電源がありますので、今度時間のある時にこれとパソコンなどで使っている冷却用ファンでも使って、窓を少し開けた状態で車内の空気を強制的に換気することができるような装置の自作にもチャレンジしてみたいと思います。

 

【後日追記】

その後USBファンを使って換気扇を自作しました。作り方など興味のある方は、こちらの記事を見てください。

車中泊用に換気扇をDIYしてみた
カセットコンロやカセットガスストーブを車内で使うときは、一酸化炭素中毒にならないように換気を行う必要があります。 前回の記事でカセットガスストーブを車内で使ったらどんなものか、確かめると書いたのですが、その前に換気扇を作らなければなり...

 

車中泊グッズ
スポンサーリンク



旅人をフォローする
そうだ、車中泊で旅に出よう

コメント