車中泊旅行では移動で無理しないほうがよい

車中泊旅行に出かける前に、だいたいのルートを決めてから出発しています。

そのため「今回はこの道の駅で車中泊しよう」などと、ルート上にある車中泊ポイントを調べて、そこで車中泊することがほとんどです。

 

その時お風呂の情報なども一緒に調べるようにしています。

例えば温泉施設のない道の駅なら、近隣の日帰り入浴施設を調べておいて、そこへ行くようにしています。

 

このように事前に走行ルートや車中泊ポイントを決めることのメリットは、たくさんの選択肢の中から自分の気に入ったものを選ぶことができることだと思います。

 

でも移動中に渋滞に巻き込まれたり、予定外の観光地に立ち寄ったりしたことによって、スケジュールが狂ったときは大変です。

 

一週間以上の車中泊旅行では、本当は日が落ちた後の運転は控えたいと考えています。でもスケジュールが押しているときは、日が落ちた後も多少無理してでも、あらかじめ決めていた車中泊ポイントまで行くか悩んでしまいます。

 

事前に車中泊ポイントを決めるときには、駐車場の広さや近隣の温泉施設の有無、幹線道路からの距離なども考慮して車中泊しやすそうな場所を選んでいるつもりです。

なので、できるだけ事前に決めた車中泊ポイントで車中泊したいのですが、大幅にスケジュールが遅れているときは、あきらめて無理はしないようにしています。

 

無理をして運転していると、ついついスピードを上げて走りがちですし、前に遅い車がいるとイライラしてしまったりしてしまいます。

これでは何のために車中泊旅行しているのか分からなくなってしまいます。

 

なのでスケジュールが狂ったときは、できるだけ柔軟に予定を変更するようにしています。

 

夫婦が車中泊旅行を始めたころは、スマホなどはなく、旅行中にインターネットに接続するのに苦労していましたが、今は簡単にインターネットに接続できてしまいます。

 

予定を変更しても、どこかに停まってスマホを操作すれば、すぐに車中泊ポイントや近くの温泉施設を探すことが可能です。

無理に運転を続けて、疲れ果ててしまったり、イライラしたり、挙句の果てには事故を起こしてしまっては、本末転倒です。

本当は予定に縛られないのも車中泊旅行のメリットの一つだったはずです。

 

もしどうしても予定通りに旅を進めたいなら、事前にルートを決めるときに、ファーストプランだけではなく、セカンドプランも考えておくとよいでしょう。

 

夫婦はこれからも事前に決めた予定に過度に固執せず、柔軟に予定を組み替えるなどして、車中泊旅行を楽しみたいと思います。

雑記
スポンサーリンク



旅人をフォローする
そうだ、車中泊で旅に出よう

コメント